むぎちゃんこ

大事なこと、くだらないこと。

前進あるのみ【清水エスパルス×名古屋グランパス】

グランパス清水エスパルスと対戦。

完敗した鹿島戦からの立ち直りを目指す一戦。

ベンチにはフィッカデンティが戻ってきました。

 

試合はシャビエルが持ち味を発揮し、前線の起点になってくれました。

鹿島戦後にふれたように、前線に時間を作れる選手がいればディフェンスラインが上がり、それによって前への守備が増え、ショートカウンターに繋がりますね。

 

 

悪いときのシャビエルは必要以上に下がってボールをもらいに来てしまう印象でしたが、今日はほとんど降りてきませんでした。

丸山、進之介ともにビルドアップは得意なのでシャビエルは前の仕事に徹してくれるとチームとして機能しやすいかと。

 

今まで単騎で持ち上がる以外の選択肢を持ちづらかったマテウスと相馬も、柿谷やシャビエルと連携することができていました。

柿谷、マテウスにゴールが生まれ、クリーンシートと、内容、結果ともに素晴らしかったです。

 

あとは成瀬、決めてほしかったですね。笑

マテウスがボールを出してから時間があったので、「あ、これ、初ゴールやん!」って思ったでしょうね。

何も考える暇もなくシュートに行くようなタイミングだったら枠には飛んだかも知れません。笑

 

ただ、攻守に素晴らしかったですね。

和也、森下とのポジション争いに負けず、ファーストチョイス。

将来の代表入りも夢じゃないと思ってしまいます。

 

シャビエルの活躍をきっかけに、阿部ちゃんも出番を増やしてほしいですね。

時間を作る、周りと連携する仕事は彼にもできるはずです。

 

それと、今日はベンチ外となった山﨑も、必ずチームに必要です。

気を落とさず、自分の強みを活かして闘う姿をまた見たいですね。

 

それでは。

フォーカス【名古屋グランパス×鹿島アントラーズ】

名古屋グランパス鹿島アントラーズと対戦。

セレッソ大阪戦でボールを持つ意識が改善されましたが、今節は。。

 

鹿島の高い位置からのプレスに終始圧される展開になってしまいました。

ボールを持って前を向けるはずのディフェンスラインですが、奪ったボールを悉く前に繋げませんでしたね。

内容的にも結果的にも打ちのめされそうですが、何を目指すのか、取り組みが見たいです。

 

ラインは高く設定し、奪ったボールを速く前線へ持っていくのがフィッカデンティグランパスが持つ強みだと思います。

まずラインを下げすぎないようにしたいですね。

 

それから、ボールを持ってどう攻撃するかもあらためて見つめ直す必要があると思います。

シャビエルや阿部ちゃんの起用など、マテウスや相馬にはない特長がほしいです。

前線でボールが持てれば、ディフェンスラインも高くすることができるので、結果、一番得意なショートカウンターが増えると思います。

 

川崎戦後にも強く思いましたが、目先の結果ではなく進化を目指してほしいです。

守備に徹したときに結果を手にできることは証明できました。

 

先に失点したときやボールを持たされたときに何ができるか。

自分たちがどうやって点をとるのか。

ここに注力してほしいです。

その成果を出したうえで、存分にウノゼロで勝ちまくりましょう!

 

それでは。

ストライカー【マンチェスター・シティ×チェルシー】

チェルシープレミアリーグマンチェスター・シティと対戦。

CL決勝での対戦が決まった直後に前哨戦となりました。

 

お互いにメンバーを落としての一戦。

FA杯でもペップはあくまでCLに拘る采配を選択しており、シティのCLへの本気度が伺えます。

一方のトゥヘルもチアゴ・シウヴァ、チルウェル、マウントをベンチから外しています。

 

試合は前半終盤にシティが先制。

失点以上にクリステンセンの負傷が痛かった。

ハムストリングのようなので、今シーズンは絶望でしょうか。

チアゴ・シウヴァアスピリクエタに残りのシーズンでアクシデントがないことを祈るばかり。

 

その直後にPKを献上。

肩を落としかけましたが、メンディがアグエロのパネンカをセーブ。

これで後半に繋がりました。

 

同点ゴールはロドリを囲んでのショートカウンターからツィエク。

逆転はアディショナルタイムにヴェルナーからアロンソ

ここ一番で決めてみせるアロンソはストライカー顔負けです。

 

ジェームズがサイドで躍動しました。

推進力とキックの精度、サイドでの仕事に徹したら強いですね。

クリステンセンがダメなら、彼の好調はアスピリクエタにシーズンの最後でフル稼働してもらうための好材料です。

 

それと、オドイもオフサイドになりましたがネットを揺らし、逆転の起点になるなど、ポジティブな活躍でした。

アロンソ、ギルモアもそうですが、出場機会の少ない選手からも好調を感じるのは嬉しいばかり。

あとはエイブラハムに期待したいのですが、、

 

いずれにせよこの試合をものにしたことで3位に浮上。

来季CL権をぐっと手繰り寄せ、チームとしても2つのタイトルチャレンジに集中できる状況ができつつあります。

残りシーズン、楽しみですね!

 

それでは。

費用対効果【名古屋グランパス×セレッソ大阪】

川崎フロンターレに連敗後、どう立て直すかが注目されるグランパス

セレッソ大阪と対戦です。

自慢の守備を川崎に破壊され、この道の先にタイトルが待っているのか、あらためて考える必要に迫られたと思います。

 

 

森下を先発で起用してきましたね。

今シーズンは2試合の途中出場に留まっていましたが、2試合ともビハインドを負った試合で出場し、流れを引き寄せていました。

対人守備に特長のある和也、ビルドアップで出し手として特長のある成瀬。

森下はもっと高い位置に出たときのダイナミックさに特長があります。

 

風間時代から、グランパスはCB2枚+CH2枚でビルドアップをしていたと思います。

この試合では米本が下がり、柿谷も下がるというシーンが多く見られました。

これによって、SBは高い位置を取ることができるので、森下の特長を活かそうとしたのかなと。

吉田の得点もこの意識から生まれたとも言えるでしょう。

上下動が増える柿谷に一層負担がかかりますが、、

 

いずれにしても、ボールを持ってゲームを動かそうという取組みが見られたのは好印象でした。

突きつけられた課題から目を背けず、向かい合って改善してほしいです。

 

それでは。

歓喜の輪【チェルシー×レアル・マドリード】

やりました!9シーズンぶりのCL決勝進出!

内容でも完勝だったと言っていいでしょう。

 

 

2試合を通してのゴール期待値はマドリーは0.9。

実際に1失点したもののエリア内での決定的なシュートは多くありません。

逆にチェルシーは5.3で、2nd legも何度も追加点のチャンスを作りました。

 

先発はメンディ、クリステンセン、チアゴ・シウヴァ、リュディガー、アスピリクエタ、カンテ、ジョルジーニョ、チルウェル、マウント、ハヴェルツ、ヴェルナーです。

就任当初はメンバーをよく入れ替えていたトゥヘル監督ですが、これがファーストチョイスということになるのでしょう。

チアゴ・シウヴァを見て成長しているクリステンセン、息を吹き返したリュディガー、アスピリクエタ

チームとしてもまとまっているようで、多くの選手が試合後の写真をSNSにアップしていました。

 

f:id:sakpp:20210507201951j:image

 

これだけ雰囲気のいいチームに、アザールもいたらと思ってしまいますね。

仲の良かった元チームメイトと談笑するのは悪いことだとは全く思いませんが、批判を受けるだけの期待があるということでしょう。

彼が再び輝けることを願っています。

もう一度チェルシーで、、とも思いますが、彼の夢のために送り出したファンとしては、是非、レアル・マドリードで真価を発揮してほしいです。

 

さて、シーズンのラストにCL決勝を加え、残りは6試合。

この勢いを維持して、まずはCL前哨戦となるマン・シティ戦でいいイメージを掴みたいですね。

 

プレミアリーグ4位をキープし、FA杯、CLのタイトル。。

大成功のシーズンと言える締め括りを期待せずにはいられません。

 

それでは。

限界と希望【川崎フロンターレ×名古屋グランパス】

GW2連戦の2試合目。

川崎フロンターレとの再戦となりました。

 

1試合目の途中から採用した4-3-3でスタート。

中盤を制圧された反省を活かし、シミッチを稲垣に監視させていました。

 

木本ではなく進之介、和也ではなく成瀬というところも、1戦目とは違って前で勝負するという意識の現れだったのではないでしょうか。

 

試合は1戦目とは見違えるように良くなったと思います。

中盤センターのインテンシティ、ディフェンスラインの前への強さ、サイドハーフの突破力。

守備から入るのはベースで、引いて受けすぎないときにこのチームは良さが出ますね。

 

ただ、残念ながらセットプレーからの失点。

後半には、三苫が成瀬を弄ぶような突破から追加点を演出。

そして丸山のオウンゴールで万事休す。

 

川崎のペースもダウンしたことで追い上げがかかりましたが及ばず。

失点をひとつ減らせたら、3失点する前に1点を取れていれば、、たらればを言えばきりがないです。

ただ、4-0の敗戦から1週間足らず、再び3失点したあとの奮起には熱いものがありましたね。

まだこのチームはこれからです。

 

成瀬は三苫にボールが入る前、入った瞬間に当たることを意識していて、よく抑えてたと思いますが、しっかりボールを収められると厳しかったですね。

ビルドアップ、攻撃面でもいいアクセントになっていたので、対人の守備が向上すれば代表クラスのサイドバックになりますよね。

 

森下は出場すればシーズンの鬱憤を晴らすかのような躍動感を表現してくれます。

成瀬、和也とのポジション争いは熾烈になっていくでしょう。

 

進之介のインタビューにあったように、切り替えではなく振り返り。

この2試合を通して自分たちの現在地を知り、足りないところ、通用する戦い方が見えたのではないかと思います。

 

丸山も責任を負いすぎず、前を向いて、これからもチームを引っ張ってほしいですね。

 

まだ、このチームはこれからです。

 

それでは。

最終盤【チェルシー×フラム】

いよいよシーズンも終盤戦。

チェルシーランパードの解任もありましたが、CLは準決勝を戦っており、FA杯も決勝に残っています。

そして今週、プレミアリーグでフラムと対戦しました。

 

先発はメンディ、クリステンセン、チアゴ・シウヴァ、ズマ、ジェームズ、ギルモア、マウント、チルウェル、ツィエク、ハヴェルツ、ヴェルナーです。

CLのためにジョルジーニョ、カンテを休ませるべく、トゥヘルは中盤を3センターにしました。

 

序盤からフラムのプレスに苦しみましたが、10分にチアゴ・シウヴァのロングボールからマウントが華麗なコントロールで足元に収めると、スルーパスにハヴェルツ!

CBから1本でプレスを破れるのは強みですね。

 

後半立ち上がり、今度はチルウェルのロングボールにハヴェルツ。

こちらも綺麗に収め、ヴェルナーに預けてディフェンスラインの裏へ。

オフサイドぎりぎりで抜け出し、またしてもアレオラとの1対1を制しました。

 

シーズン序盤は適応に苦しんだハヴェルツですが、次第に能力の高さを発揮。

ボールのオン、オフ問わず高いレベルでプレーできて頼りになります。

 

押し込まれるシーンも多かったですが、守備陣も奮起していました。

おとなしい印象だったメンディの気迫や、どこか遠慮気味に見えたクリステンセンの攻撃参加や厳しいチェックが見られるようになったのは今後のチームにとって好材料です。

 

プレミアリーグは残り4試合。

難しい相手ばかり残していますが、何としても4位以内、そしてCL、FA杯でタイトルを獲得したいですね。

ここまで本領を発揮できているとは言い難いヴェルナー、ツィエク、プリシッチや出番を減らしているオドイ、アロンソなど含め、総力で戦い抜きたいところ。

個人的にはエイブラハムにもう一度輝いてほしい、、

 

それでは。